2016年06月17日

Facebookページへ移行しています

ご案内が遅くなりましたが、開設前の平成22年から続けてきました本ブログは、今年度よりその機能を当園のFacebookページ(https://www.facebook.com/wakatakekanae)に移行しています。

閲覧だけであればFacebookのアカウントを持っていなくても可能ですので、公式ウェブサイト(http://www.wakatake-kanae.com)と合わせてご利用くださいませ。
posted by 園長 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月01日

園だより

平成28年度が始まりました。よろしくお願いします。

今年度より、当園在園利用者向けの「園だより」をリニューアルしました。全体・各クラス・保健・給食の8ページ編成で、当園の「保育」を利用者全家庭に全面カラーでお届けします。限られた紙面ですが、写真などを有効に活用して「読みたくなる園だより」になるようにしていきますのでお楽しみにしてください。

なお、ウェブサイト(http://www.wakatake-kanae.com)にも掲載しますが、閲覧には利用者限定のパスワードが必要です。紙面で配布します平成28年度4月号に記載してありますので参照してください。ただし、編集・印刷は不可となっています。
posted by 園長 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく

2016年03月25日

待機児童対策

 待機児童対策として、「面積当たりの子供の数を国の最低基準より少なくするなどしている保育施設に対し、定員を超えて預かる子供の数を増やすよう求める」という報道がありました。

 しかし、国の基準に合わせていたらまともな保育所保育などできません。当園の場合、面積だけで考えればあと20人くらいは入れますし、人員だけで考えればあと50人ぐらいは見れますが、そんな「いるだけ」「見るだけ」の託児所で健全な毎日を過ごせるはずもありません。

 配置基準についても、1日11時間+延長保育×週6日で片時も目が離せない子どもたちの保育、膨大な事務処理、会議や研修、保育活動や行事の準備など、最低基準×週40時間でやれるわけがありません。保育士の処遇改善というのはなにも賃金のことばかりではなく、年々増えるばかりの保育士の業務負担を敬遠している潜在保育士もたくさんいるということを念頭に置いてもらいたいです。

 一方で、平成20年に創設された「安心子ども基金」、平成27年に施行された子ども・子育て支援法により、認可保育所の新設や改築は格段に進んでいます。平成25年・26年は「保育士等処遇改善臨時特例事業」により、平成26年・27年は人事院勧告により、保育士の賃金改善も進んでいます。待機児童の急増にまったく追いついてはいませんが、国政においてもいわゆる待機児童対策は次々と行われています。(平成21年〜24年は空白ですが)

 匿名のブログをきっかけに「保育」がクローズアップされていることは喜ばしいものの、待機児童対策ではなく参院選対策の応酬になってしまっては意味がありません。現場の労働環境の改善につながるのであれば人気取りだろうが票目当てだろうが構いませんが、これまで重ねられてきたことがご破算になってしまわないことを願います。
posted by 園長 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育関連報道

2016年03月13日

第5回卒園式

本日、当園5回目となる卒園式を無事に挙行いたしました。
3歳児クラス、4歳児クラスの子どもたちとその保護者にも参列いただきまして、当園らしい和やかで温かい卒園式になりました。

卒園児ひとりひとりに渡した「保育証書」
学校の卒業証書とは違ってなんの効力もありませんが、開設から一緒に過ごした5年間が目いっぱい詰め込まれています。子どもたちの成長は、保護者と同じくらい、保育園にとってもやはり嬉しいものですし、寂しいものです。

本当の卒園までは残り半月ありますが、大仕事を終えて晴れ晴れとした卒園児の笑顔を忘れずに、しっかりと送り出していこうと思います。

P1040456.JPG

DSC01697.JPG

posted by 園長 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月22日

「かなえメソッド」の郵送について

 「かなえメソッド」の刊行から2週間弱ですが、早々に好評をいただいています。特に保育関係者からの反響が大きく、専門職としての手応えを感じているところです。

 郵送希望も多くいただいていますが、同時にご質問など問い合わせも多くなっていますので、あらためてQ&A方式でご案内します。

Q1. 「かなえメソッド」とは何ですか?
A1. わかたけかなえ保育園の保育方針や保育活動の特徴を記した紹介冊子です。

Q2. 「かなえメソッド」の大きさは?
A1. A4版・28頁(表紙別)で、厚さは約2ミリ、重さは約100グラムです。

Q3. お値段は?
A3. 無料です。

Q4. どこで手に入りますか?
A4. わかたけかなえ保育園のみで配布していますが、郵便で受け取ることもできます。

Q5. 郵便で送ってもらいたいのですが?
A5. 返送用の封筒を、わかたけかなえ保育園(〒174-0071 東京都板橋区常盤台3-12-15)までお送りください。返送用の封筒は「角型2号」(A4が折らずに入る大きさ)で、返送先の郵便番号・住所・氏名を記入の上、下記の郵便料金分の切手を貼ってください。
(定型外郵便)150グラム以内=205円 250グラム以内=250円 500グラム以内=400円 ※3冊以上の場合はレターパックの方が郵便料金が安いです。

Q6. 1人何冊までもらえますか?
A6. できる限り多くの方に手に取ってもらいたいので、原則として1家庭1冊までとなります。なお、「田舎のおばあちゃんに見せたい」「職場の友達にも紹介したい」「子どもが破いてしまった…」などがありましたら、必要な分だけお持ちいただいて構いません。

Q7. データ版はもらえますか?
A7. 申し訳ございませんが、お渡しできません。


以上、たくさんありますがご確認いただけると助かります。

メソッド表紙_ページ_1.jpg
posted by 園長 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく

2016年02月10日

「かなえメソッド」を刊行しました

 間もなく開設から丸5年となるわかたけかなえ保育園。その保育活動を、具体的に、専門的に、科学的に紹介していこうと、広報誌「かなえメソッド」を作成しました。利用者や来園された方などに広く配布していくものですが、ご希望がありましたらどなたにでもお渡しすることができます。

 ご希望の方は、【宛先を記入済み】【205円の切手を貼付済】の【角型2号封筒(A4が折らずに入る大きさ)】を当園まで郵送くだされば、すぐに返送するようにいたします。いろいろな方にお手に取っていただければ幸いですので、ぜひご一報ください。

メソッド表紙_ページ_1.jpgメソッド表紙_ページ_4.jpg
メソッド27-2_ページ_07.jpgメソッド27-2_ページ_08.jpg
posted by 園長 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく

2016年01月25日

イベントのお知らせ

今週末ですが、「保育園を考える親の会」という団体が主催するイベントです。
これから保育園の利用される方、利用を考えられている方にお勧めです。
私もスタッフ&アドバイザーとして参加予定です。

【新米ママ&パパのためのはじめての保育園】
保育園入園をひかえたママ・パパのために、ちょっと先を行く先輩たちが体験やアドバイスをお話しします。
保活中の方も、これからの方も、お気軽にどうぞ。

日 時 2016年 1月30日(土)午後2時〜4時30分
会 場 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室

お申込み、詳細は下記まで。
http://www.eqg.org/oyanokai/event.html
posted by 園長 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育関連報道

2016年01月21日

利用者調査結果を公表しました

平成27年度第三者評価「利用者調査報告書」並びに「利用者調査で寄せられた自由意見に対する回答」をウェブサイトにアップしました。今年度からは毎年実施しなければならないというものでもなくなり、実施を見送る保育園もたくさんありますが、当園では利用者調査の目的と効果を重視して、今後も毎年実施していきます。

開設年度以来70%台をキープしていました回収率が、今回59.3%(32/54)と下がってしまいました。回収率と評価に相関関係はあるとは一概には言えませんし、東京都平均との比較ではまだまだ高い数字でもあるのですが、できる限りたくさんのご意見や感想を伺いたいという当園の目的からしますと少し残念な数字でした。

「総合的な感想」の項目では、「大変満足」78.1%(25/32) 「満足」15.6%(5/32) 計93.8%(30/32)という、大変高い評価をいただきました。私たちの仕事において、評価が数字に表れるという機会はなかなかありませんので、この結果は職員一同の励みと自信につながります。どうもありがとうございました。

しかし、当園としましては「大変不満」と回答されました6.3%(2/32)の家庭の方が気になります。そのような思いを抱きながら毎日通わざるを得ないのは本当につらいことであると考えますし、子どもの心情にも少なからず影響を及ぼしているはずです。

もちろんすべての家庭の要望どおりに運営することは到底できませんが、私たちは少数だからと言って軽視することなく、「嫌なら来るな」ともせず、日々保育の質を高めること、そして丁寧に説明して理解と協力を得ることに努めていきます。
posted by 園長 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月08日

鏡開き

今年は1月11日が祝日のため、本日前倒しで「鏡開き」をしました。

年末の「餅つき」で作ってお供えしていた鏡餅。正月が明けたので、みんなの健康を願ってそのお下がりをいただくんだよというお話をしました。

CIMG8785.JPG

さらに、子どもたちの厄除けに「獅子舞」が登場。怖くて泣いてしまう子もけっこういますが、年始の大事な儀式として少々頑張ってもらいました。

CIMG8792.JPG

posted by 園長 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月22日

餅つき

12月19日土曜日の午前中、恒例の「餅つき」を行いました。

自由参加のイベントですが、在園児童とその家族で総勢120名の参加がありました。職員はあくまでもバックアッパーで、「つき手」も「ちぎり」も保護者に大いに活躍してもらいました。

2015-12-19 10.16.50.jpg

2015-12-19 10.16.20.jpg
posted by 園長 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記